野球の歴史

、あらゆる野球用品をご紹介いたします♪
 野球用品通販ショップ♪

野球の歴史

、野球用品のことなら【野球部ネット】にお任せ♪
 トップ > 野球の歴史
 バット
  グローブ
 ボール
  スパイク&シューズ
  ウェア
  手袋

  両手
  片手

  バッグ
  プロテクター&用具
  トレーニング用品
  ケア用品
  サポートグッズ
  野球お役立ち情報
   

野球の語源は、フィールド(野)でボール(球)を追うことから、「野球」と呼ぶようになりました。皆さん知ってました。
少しだけ野球の歴史について調べてみました。

  野球の歴史




いったい野球という球技は日本にいつ頃渡ってきたのか。それにはいろいろな説があるようです。
最も有力なのは、 明治五年(1872年)ごろに開成校(東京大学の前身)のアメリカ人教師が、学生と一緒に楽しんだのが始まりとか。

その教師が開成学園(東京大学の前身)のホレエス・ウイルソン(アメリカ人教師)であるとされています。
明治6年(1873年)のことでした。

その後、明治10年(1877年)には、日本で初めて社会人のクラブチームが誕生しました。作ったのは、平岡熈(ひろし)当時22歳。
機関車製造技術を学ぶために1871年にアメリカに渡り、1877年帰国して今の国土交通省に当たる工部省の技師になった人物です。

平岡煕氏はアメリカから用具と共にベースボールを輸入(1876年)し、2年後には「新橋アスレチック倶楽部」を結成したのです。このクラブチームは、ユニフォームを着てプレーした最初の野球チームでもあるといわれています。
この後、第一高等学校や帝国大学の学生らによって野球が活発になっていくのです。
鉄道局員や外国人技師などがメンバーで、徐々に結成されて来た大学チームと対抗試合を行う。特に熱心だったのが第一高等学校(東京大学)でした。

中馬庚氏が、ベースボールを「フィールド(野)でボール(球)を追う」ことから、初めて「野球」と呼び(1894年)、第一高等学校対第三高等学校(京大)戦が人気を集め、野球が広く一般にも親しまれるようになったのです。

以後、早慶戦や高校野球大会やプロ野球の発展により一般的な呼び名として広まり、現在に至っています。


詳しくは、以下の関連サイトをご覧下さい。

−野球の歴史関連サイト−

日本野球の歴史
http://www.medianetjapan.com/town/sport/tokyobigsix/history/hisindex.html

プロ野球の歴史
http://www.geocities.co.jp/Athlete/4950/main.html

 Copyrightc 2006 野球用品の通販ショップ【野球部ネット】 All rights reserved.